並じゃないぜ、アフリカ!【ブラックアフリカ紀行…サハラ砂漠を縦断せよ】
平間康人著 彩図社 定価:650円(税込) 絶賛発売中!!文庫版

「ブラックアフリカ」 その響きに魅せられて旅に出た 言葉も常識も通じない大陸で 何が待ち受けているのか? ・ブラックアフリカの夜 ・マラリアは大丈夫なのか? ・日本が国と認めていない国 ・50度を超えるサハラ砂漠 ・深夜列車の中での死闘 ・無国籍地帯を超えろ など、刺激的なエピソードが満載!


【目次】
・鼠と同居 / ・マラリアの恐怖 / ・サハラ砂漠へGO! / ・待ちぼうけの国境通過 /・無国籍地帯
・夜の砂漠で迷子になる / ・車内の死闘 / ・亡命政府「サハラ・アラブ民主共和国」 / ・アフリカ大陸北端 (ほか)


好景気に沸き立つ南米は危険と魅力に満ち溢れていた・・・【南米「裏」旅行】
平間康人著 彩図社 定価:1260円(税込) 絶賛発売中!!

空前の好景気に沸き立つ南米。 特にワールドカップやオリンピックの開催を控えたブラジルは国全体が活況の様相を呈している。 しかし、その一方で南米は、旅行者の中で「危ない」ことでも知られている。映画『シティ・オブ・ゴッド』で一躍有名になった貧民街(ファベイラ)をはじめとして、ドラッグ、売春、銃器売買、強盗、殺人など、ありとあらゆる犯罪のメッカである。 『アジア「裏」旅行』『アフリカ「裏」旅行』の著者が、今回は魅惑的な南米に目的地を絞り、ブラジル、コロンビアをはじめ、8ヶ国を徹底取材。 他の旅行記では読めない刺激的な南米の素顔をご堪能あれ!


【目次】
・ブラジル<危険と魅力に満ちた国>/ ・パラグアイ<国境に街は刺激がいっぱい> / ・アルゼンチン<洗礼された大人の国>
・ウルグアイ<物乞いは多いがのんびり>・チリ<怪しげなコーヒーショップ巡り> / ・ボリビア<夜と昼では顔が変わる>
・コロンビア<南米最怖国家>/ ・エクアドル<赤道直下へようこそ>


思わず背筋が凍る海外旅行の恐怖体験・・・【海外旅行の恐ろしい話】文庫版
海外危険情報編集班編 彩図社 定価:620円(税込)

旅は本来、危険なものである。文化や風習の違う未知の場所に行くのだから、予期せぬトラブルが起きて当たり前だ。だが、なかにはトラブルという言葉に収まらない衝撃の経験をすることもある。本書は6人の著者が海外旅行で経験した恐怖体験をまとめたものである。詐欺、スリ、強盗、傷害、誘拐、監禁…アジアやヨーロッパ、アメリカ大陸、アフリカと世界中を旅した著者たちはどのような危険に直面し、またどのようにしてそれを乗り越えたのか。その顛末をご覧いただこう。


【目次】
・第一章 激闘のアジア編 / ・第二章 試練のアメリカ大陸編
・第三章 戦慄のヨーロッパ編 / ・第四章 絶望のアフリカ編


怖いアジアみたい?・・・[オーディオブック] アジア「裏」旅行
平間康人著 バンローリング 定価:2,000円(税込)ダウンロード販売 MP3 約293分 59ファイル
⇒MP3版 視聴・購入(digigi)


明るい、近い、安い、楽しい」というイメージのアジア。
しかしそれはアジアの素顔ではない。観光客に見せる「営業用」の顔なのである。
「気軽に行けるから」とアジア旅行をあなどってはいけない。
旅行中のトラブルの件数は圧倒的にアジアが多いのである。
観光客から金を騙し取ろうとする宿のオヤジ、ぼったくることしか考えていないタクシー、性格のひん曲がったインド人、信用できない悪徳警官、いたるところに「アジアの洗礼」は待ちかまえている。


【目次】
・危険なタクシードライバー / ・拳銃を突きつける悪徳警官 / ・警察手帳を買う / ・泥棒だらけのインド列車
・集団インド人軟禁 / ・重慶マンション / ・アラブ人の襲撃 / ・魅惑のハッパ / ・フラッシュバック(ほか)


アジアの素顔は、かなり怖い・・・【アジア「裏」旅行 180日 激闘編】文庫版
平間康人著 彩図社 定価:580円(税込)

アジア旅行で妥協は禁物である。
ひとたび甘い顔を見せると、アジアは凶暴な一面を現し始める。特に心が弱っているときなどは最低だ。
旅行者を騙すことを生業にしている人などは、こちらの弱みをピンポイントで突く術を完全に身につけている。・・・
アジア旅行のベテラン平間康人による、アンダーグラウンド旅行記第2弾。
今回は中央アジアのウズベキスタンやイランなどにも潜入する。そこで出会った恐るべき人々とは・・・。
刺激とユーモアたっぷりに贈る、アジアの裏ガイドブック。
ありきたりの旅行記に満足できないあなたは、間違いなく本書の虜になる!


【目次】
・バンガロー襲撃 / ・強制両替をすり抜けろ / ・猿人現る / ・15人のミルコ・クロコップ
・泥酔運転手が行く / ・偽造パスポートは200万円 / ・「闇酒」購入物語 / ・青龍刀と血まみれ男(ほか)


ヤバすぎる!危険な旅行エピソードが勢ぞろい【本当にあった!海外旅行の恐ろしい話】
海外危険情報編集班編 彩図社 定価:550円(税込)

旅は本来、危険なものである。
未知の場所に行くのだから、当然、それまでに遭遇したことのないトラブルに巻き込まれる危険性はある。
比較的“安全”と言われているアジア諸国でも、強盗、殺人、誘拐、窃盗といった犯罪は毎日のように起こっている。 危険度がグンと増す、中南米、アフリカなどに舞台を変えれば、犯罪件数は跳ね上がる。
本書は、世界中を歩いた6人の著者が体験した物騒で危険なエピソード集である。


【目次】
・第一章 激闘のアジア編 / ・第二章 試練のアメリカ大陸編
・第三章 戦慄のヨーロッパ編 / ・第四章 絶望のアフリカ編


並じゃないぜ、アフリカ!【アフリカ「裏」旅行 サハラ砂漠を縦断せよ】
平間康人著 彩図社 定価:1260円(税込)

「ブラックアフリカ」 その響きに魅せられて旅に出た 言葉も常識も通じない大陸で 何が待ち受けているのか? ・ブラックアフリカの夜 ・マラリアは大丈夫なのか? ・日本が国と認めていない国 ・50度を超えるサハラ砂漠 ・深夜列車の中での死闘 ・無国籍地帯を超えろ など、刺激的なエピソードが満載!



【目次】
・鼠と同居 / ・マラリアの恐怖 / ・サハラ砂漠へGO! / ・待ちぼうけの国境通過 /・無国籍地帯
・夜の砂漠で迷子になる / ・車内の死闘 / ・亡命政府「サハラ・アラブ民主共和国」 / ・アフリカ大陸北端 (ほか)


アジアの素顔は、かなり怖い・・・【アジア「裏」旅行 180日 激闘編】
平間康人著 彩図社 定価:1260円(税込)

アジア旅行で妥協は禁物である。
ひとたび甘い顔を見せると、アジアは凶暴な一面を現し始める。特に心が弱っているときなどは最低だ。
旅行者を騙すことを生業にしている人などは、こちらの弱みをピンポイントで突く術を完全に身につけている。・・・
アジア旅行のベテラン平間康人による、アンダーグラウンド旅行記第2弾。
今回は中央アジアのウズベキスタンやイランなどにも潜入する。そこで出会った恐るべき人々とは・・・。
刺激とユーモアたっぷりに贈る、アジアの裏ガイドブック。
ありきたりの旅行記に満足できないあなたは、間違いなく本書の虜になる!


【目次】
・バンガロー襲撃 / ・強制両替をすり抜けろ / ・猿人現る / ・15人のミルコ・クロコップ
・泥酔運転手が行く / ・偽造パスポートは200万円 / ・「闇酒」購入物語 / ・青龍刀と血まみれ男(ほか)


怖いアジアみたい?【アジア「裏」旅行】文庫版
平間康人著 彩図社 定価:580円(税込)

草下シンヤ推薦

「明るい、近い、安い、楽しい」というイメージのアジア。
しかしそれはアジアの素顔ではない。観光客に見せる「営業用」の顔なのである。
「気軽に行けるから」とアジア旅行をあなどってはいけない。
旅行中のトラブルの件数は圧倒的にアジアが多いのである。
観光客から金を騙し取ろうとする宿のオヤジ、ぼったくることしか考えていないタクシー、性格のひん曲がったインド人、信用できない悪徳警官、いたるところに「アジアの洗礼」は待ちかまえている。


【目次】
・危険なタクシードライバー / ・拳銃を突きつける悪徳警官 / ・警察手帳を買う / ・泥棒だらけのインド列車
・集団インド人軟禁 / ・重慶マンション / ・アラブ人の襲撃 / ・魅惑のハッパ / ・フラッシュバック(ほか)


恐いアジアみたい?【アジア「裏」旅行】
平間康人著 彩図社 定価:1260円(税込)

運転手に土下座、警官に殴られ、便器の水を飲み干す。
旅って本当に素晴らしい。(クーロン黒沢)


「明るい、近い、安い、楽しい」というイメージのアジア。
しかしそれはアジアの素顔ではない。観光客に見せる「営業用」の顔なのである。
「気軽に行けるから」とアジア旅行をあなどってはいけない。
旅行中のトラブルの件数は圧倒的にアジアが多いのである。
観光客から金を騙し取ろうとする宿のオヤジ、ぼったくることしか考えていないタクシー、性格のひん曲がったインド人、信用できない悪徳警官、いたるところに「アジアの洗礼」は待ちかまえている。


【目次】
・危険なタクシードライバー / ・拳銃を突きつける悪徳警官 / ・警察手帳を買う / ・泥棒だらけのインド列車
・集団インド人軟禁 / ・重慶マンション / ・アラブ人の襲撃 / ・魅惑のハッパ / ・フラッシュバック(ほか)



★アジア「裏」旅行の感想は「ちょー広場」まで!